2012年4月30日月曜日

「泉自然公園」せっかく一緒に走っていただいたのに足が売り切れてリタイア。申し訳なかった話し。

このブログを読んでいただいて、コメントなどときどきいただくアデオスさんから「一緒に走りませんか」と嬉しいお誘いをいただいた。









ルートも提案していただき、距離もちょうど良さそう。
道の駅八千代から新川〜花見川サイクリングロードを下り、弁天橋で川から離れて千葉方面へ。
泉自然公園を目的地として、そこから印旛沼経由で道の駅へ戻るという約70キロの周回コース。素晴らしい。




朝の10時に待ち合わせとさせていただいたので、9時過ぎに家を出て新川へ向かう。
いつも何も食べずに出て失敗することも多いので、出掛ける前にバナナを2本摂取する。













素晴らしすぎる天気。
走り始めてすぐに汗ばんでくる。
短パンで出れば良かったと後悔。







少し早めに道の駅に到着しアデオスさんを待つ。
ブルーのGIANT RX3と白のジャージを目印に教えていただいていたのですぐに発見。
「誘ってくださってありがとうございます」と挨拶。
このブログを読んで面白いと思っていただけたらしく、アデオスさんもいつも一人で走っているけどちょっと勇気を出して連絡していただいたとのこと。
ありがとうございます。







早々に出発。
新川CRをゆるいペースで走っていく。




後ろを走るアデオスさんのRX3には揺れるとチリンチリンとなるベルが着けてあって、自分との距離が後ろを見なくても把握できる。
へー、面白いなー。





ゆらゆら橋まで来たら橋のハシからハシまで鯉のぼりがぶら下がってる。


ゆらゆら橋には鯉のぼり。





弁天橋で花見川を離れたところから先のルートが解るアデオスさんに先をお任せする。
アデオスさんはPioneerのポタナビを使っていて、あらかじめ書いた予定ルートを読み込んで自動車のナビみたいにして使ってる。


自分のiPhoneのCycleMaterにはその機能がないので、いいなーと思う。









東関東自動車道 宮野木のジャンクションの上を渡って、京葉道路の脇を走る。
千葉市街へ入ると右手に以前来た千葉神社が見えて来た。


千葉モノレールの下を走って。


千葉神社。























しかしアデオスさん、なかなかの健脚。
後ろから見てるとシャーッと流すこと無くズーッとペダルを漕いでいる。
聞けば毎日20キロのジテ通をなさってるとか。









この先で東金道路へと左へ進路を取る。
いつも一人で走る風景は河沿いか沼沿いの風景なので、今回のこの都会風景は新鮮。


しかもかなり走り易い道。感謝。






再び京葉道路の千葉東JCTの下をくぐって公園の脇を走っていくと、さっきまでの都会の風景とはまた打って変わってカントリーな景観に。



そして名前が解らない小川沿いの舗装路を走っていく。
しかしこの道が驚くほど快適な道!

赤いアスファルトの路面はものすごく走り易いし、風景は穏やか。


この道すばらしい!


こんなに素敵な道なのに、誰も自転車で走っていない。
「もったいないですねー」
などとこの道ではアデオスさんと並走してお話ししながら走っていく。







いつも一人で走っているけど、一緒に走る人がいるのもほんと良いものだ。








この素晴らしい小川沿いの道を終点まで走って、道なりにその先の自動車道路を走って行くと自然に「千葉外房有料道路」に入って行った。
途中頭の上に掲示板。
「軽車両30円」と書いてある。
反対車線を走るロードのチームと何回か行き違う。





緩やかな登り坂を30キロくらいで良い感じで駈けて行く。
ワー、気持ち良いっっっっ!
と調子に乗って走る。





この後大変なことになるとは全く気付かずに。。

千葉外房有料道路を走る。














あまりに気持ちが良いので、調子に乗って漕いでいたら後ろからアデオスさんが追いかけて来て「さっきのインターで出るんだったんです」と。

調子に乗ってすいません。
反対車線に行くのは無理なので、1キロほど逆走して戻りました。





この辺りは前に遊びに来た「丸の内倶楽部」の近所だった。











高田ICを出て森の中のアップダウンの道を走ると目的地の泉自然公園に到着。

泉自然公園。






この公園でお昼休憩しようと思っていたのだが、千葉市街を抜けてからコンビニも無かったので何も買って来なかった。

するとレーパンでロードに乗ってるおっさんが脇を通る。
「すいません」と声をかける。
「中で何か食べ物買えますかねー」と問うと、「あー、売店があるよー」と教えてくれる。
よかったよかった、と入って行くとその売店はシャッターが閉まってる。








ここでアデオスさんが「ポタナビ」で近所にコンビニがあることを調べてくれる。
とりあえずは、そこで食料を調達して、公園で昼飯にすることに。







かなりカントリーなコンビニで買ったアンパンは昨日が賞味期限。
そうとは知らずにレジに持って行ったらおカミさんは
「賞味期限切れてるから50円にしてあげる」と言う。
これってどうなのか?

28日で消費期限切れ。20円まけてもらった!


公園へ戻ってベンチでアデオスさんと昼食補給しながら自転車談義。

RX3&HOYHOY




カメと鴨が仲良く日向ぼっこしてる。

かなりきれいで落ち着く公園。
周回を自転車で廻れるようになってるし、隣の「平和公園」まで行って戻ってくる、千葉市の「泉・平和サイクリングコース」というものがある模様。
千葉市サイクリングコースで泉自然公園と平和公園を廻って凡そ12キロ。
自転車はレンタルで200円。
こういうのは大変良いことだと思うが、走ってみると道が悪すぎ。
苔で滑りそうな下り坂とか、樹の根が張り出して路面が凸凹だったりとか。
見ていると子供が結構自転車を借りて走っているので結構危ない感じがした。路面を改善した方が良いのではないかな。

サイクリングロードはこんな感じ。




お昼を食べながらiPhoneのCycleMaterでここまでのルートを確認する。
なんとー!ルートが壊れている!!


なんだよこれ。

先日アプリのアップデート情報があったのでアップデートした。
その後今日が始めての使用だが、スタートする時から「なんか動きがおかしいなー」と思っていた。
これじゃあ全く使い物にならないじゃないか。
バージョンダウンできないのか!
イヤほんとこれじゃ困るんですけどぉ。












アデオスさんと、この後のルートを確認する。佐倉を廻って印旛沼に出てフムフムなどと。
そして再度出発。


公園内の自転車道を走り出す。
と、
両モモに嫌な感触が。。









「アデオスさん、ちょっとごめん」と森の中で自転車を止める。
パッキーン!という感じで大腿四頭筋が痙攣!!


太腿の表側。
激痛!



座ることも出来ずに森の中で痙攣が戻るのを待つこと30分以上。


林の中の切り株に座りたいと思うのだが「マムシがいるので絶対に林の中には入らないでください」という看板があちこちに。


ここで林に入って切り株に座って、マムシに噛まれたら死ぬな。


周りはマムシだらけらしい。






この太腿の痙攣、今年3回目だ。
前の2回はしばらくしたら直って、ヨタヨタと走って帰れたのだが、今回は重傷の模様。
1時間待っても復活しない。













15時まで付き合ってもらって、何とか漕げそうな感じになったので「ゆっくりめで行きましょうか」と公園を出発してみるが、2キロくらい走ったらまた激しく痙攣して激痛。



このままではアデオスさんも帰れなくなってしまうので、ここで無念ではあるがリタイアを宣言。

自分はもう一度公園へ戻り、家内に迎えに来てもらうことにした。




ありがとう、ごめんなさい。
アデオスさんとここでお別れする。
せっかく誘っていただいたのに申し訳ないです。




ここまで58キロ程。
うーんなんでかなー?

















1時間後にレスキュー車到着。
初めて自力で帰れなくなってレスキュー車で帰還。

レスキュー車で帰還。












「もう自転車なんかやめれば?!」

と、レスキュー隊長はものすごい不機嫌。




アデオスさん、奥さんと大変いろいろと迷惑をかけてしまって、申し訳ない一日になってしまいました。
どーもスイマセン。(本当に)

2012年4月16日月曜日

リベンジ「印旛沼〜手賀沼」ルートを走破した。逆風のち追い風の巻。


去年の震災以降、印旛沼とか利根川とか手賀沼とかの自転車道がメチャメチャになった。
いつも迂回路とかを走って、正規ルートをなかなか走破できなかった。

前回チャレンジしたが、佐倉市民マラソンの日だったので達成できず。。



なのでもう一度リベンジしに行く。



今日のルート。















桑納川ルートで新川へ出る。





暖かな春の陽射しの中、大勢のランナーやサイクリストが走ってる。




しかし新川に出たとたんに激しい逆風!
またかよっ!







最近東に向かえば東から風が吹いてる、南に向かうと南からの風、西に走れば西風、北を目指せば北風の向かい風。
なんだよっ!
「逆風日記」に替えようかな!










印旛沼目指して走って行くと、天気が良いこともあってかなりな人が自転車で遊びに来てる。


家族でサイクリングに来てる人たちがいっぱい。





風車の「佐倉ふるさと公園」に到着。
ここに来たのはずいぶんと久しぶり。
いつもはのんびりとした公園なのに、今日はお花見の真っ最中でいつもと全く違うお祭り状態。


お祭り状態ですごい人。




ここで休憩してお昼食べようと思っていたのに無理なので双子公園を目指す。









双子公園に向かう途中の桜の絨毯。
ムービーでどうぞ。

video





3月にこのルートを走ろうと思って来たものの、マラソン大会当日で迂回せざるを得なかった。
その時ランナーが走っているので、CRは復旧しているはずと思ったがその通りだった。




双子公園に到着するも、ここも自転車の人や散歩の人でベンチが満席状態。






仕方が無いので一気に利根川まで走ることにする。














北印旛沼へ出る途中の水路沿いの自転車道は、2回目でも感激の風景。






相変わらずの向かい風の中をエッチラオッチラと進んで行く。

北印旛沼のてっぺんから自転車道ではなくなるが、長門川沿いに道は続く。
前回はこの長門川沿いの道路も工事中で、迂回するはめになったが本日は工事も終了していて川沿いにずーっと遡って利根川まで出ることができた。


長門川沿いの道。










利根川に到着。
















ベンチでしばし休憩。
しばらくすると近くのベンチに小径車に乗っておじさんがやはり休憩。

さて行くか、とおじさんの横を通るとき「行ってらっしゃい」と声をかけられる。





利根川土手を西に向けて走り出すと、今までの苦行が嘘のようなフォーローの風に。
ちょっとペダルに力を込めれば30キロを軽くオーバー。
追い風だと自転車漕ぐのがメチャクチャ楽しい。



たしか前回来たときはこの土手の上も向かい風だったはず。
途中で嫌気がさして手賀沼まで行かずに帰ったんだったと思い返す。
今日は手賀沼まで行ってみよう、と思う。



利根川と手賀川の合流地点で土手を降り、手賀川沿いの自転車道を走る。


手賀川。


手賀沼CRへ到着。

こちらも暖かな陽射しの中、ランナーや自転車で混雑。
フォローの風に乗って、手賀沼のCRを西へ走って大津川沿いに帰路へ。










新川〜印旛沼〜利根川〜手賀沼の正規の自転車道を迂回しないで初めて周回できた!


すごい嬉しい!!











走行距離:88.10㎞
消費カロリー:2,998カロリー
バイクタイム:4:09:35
平均スピード:21.18㎞/h
最高スピード:75.09㎞/h←おいゴルァ!
by Cyclemeter